長くiPhoneと付き合っていくときに注意したいこと

長くiPhoneと付き合っていくときに注意したいこと

効率的にiPhoneを使い続ける方法

とても便利なスマートフォンは、メールや電話のほかにも、写真を撮ったり動画を見たり、音楽を聴いたりとさまざまなところで使えるオールマイティなアイテム。なんでもこれ一つでできるのはとても便利ですが、そのぶん電池消耗が激しく、使い続けると電池が切れてしまうこともあるでしょう。それをできるだけ防ぐためにできたのが「低電力モード」です。これはメールやアプリなどで使うパワーを制限してくれるもの。たとえばアプリが自動的にアップデートされるのを制限したり、動画や写真で消耗されるのを少し抑えたりしてくれるのです。これをしておけば、いつも使うよりも数時間、電池の持ちが延びるといわれています。いつも電池がすぐに切れてしまう、という方は、設定画面から設定できるため、ぜひ試してみてください。

また、電池を消耗するような使い方をできるだけ制限する必要があります。便利な機能としてよく使われている中に、Spotlightという機能があり、iPhone内のさまざまな情報を検索してくれるシステムとなっています。しかしながら、このSpotlight検索は電池の消耗が激しいことでも知られています。たっぷりと入っている端末内の情報をこと細かに検索してくれるからです。電池の消耗を防ぎたいときは、あまり使わないようにしたほうがよいでしょう。少ない電池でも使いたい場合は、検索する場所を制限しておくと大幅な消耗をせずに済むのでおすすめです。とても便利な機能ですから、電池の持ちと相談しながらほどよく使ってみてください。