長くiPhoneと付き合っていくときに注意したいこと

長くiPhoneと付き合っていくときに注意したいこと

データを適切に残しておく

iPhoneのなかに入っている情報はどれも大切な物ばかり。さらには膨大な量の写真や資料、音楽などが入っていることもあり、iPhone本体はもちろんのこと、データと長く付き合っていくことも必要になります。しかしながら、iPhone本体をなくしてしまったら、あるいは機種変更してしまったらデータがすべてなくなってしまう、というのでは非常に危険ですしもったいないです。だからこそ、iPhoneのデータを適切に残しておくことが大切になります。

一番有効的な保存方法としては、バックアップを定期的にしておくこと。iPhoneで利用できるiCloudと呼ばれるクラウド共有サービスと、音楽などをパソコンに保存しておけるiTunesと呼ばれるサービスの二種類があります。このどちらかにバックアップをしておけば、iPhoneをなくしてしまった場合だけではなく、機種変更するときでもそのまま同じデータを移行することができるようになるのです。iCloudは特にウェブ上のサービスですから、定期的にバックアップしてくれるので、連絡先やカメラの中のデータを残しておくことができるようになっています。しかしクラウドに残すデータもパソコンに残すデータも、どちらも容量が限られていることを忘れないようにしておかなければなりません。